笑顔のシニア

栄養療法でモリモリ湧き出るゲンキ|免疫力が生命線

腎臓機能の復活にむけて

和食

腎臓病になると服薬治療と透析、食事療法が取られますが、症状の進行状況によって治療方法は異なります。その中でも食事療法は腎機能復活に高い効果が期待できるため、積極的に取り入れられています。腎臓病食による食事療法の目的は、症状の進行を遅らせる事と弱った機能を補う役割、合併症を防ぐ事です。どの点も最重要課題であるため、食事を摂る際はいくつかの点に気を付けて考える必要があります。それは塩分とたんぱく質、カリウムとリン、水分の制限であり一日に摂取可能な量をあらかじめ決めておきます。自宅で行うには難しいという場合は、腎臓病食の宅配サービスを利用するという方法があります。管理栄養士が考案したメニューが宅配され食べれるため、毎日高度な栄養管理が実現できます。

食事療法をサポートする腎臓病食の宅配サービスですが、業者によって取り組みは異なります。そのため利用する業者が提供するメニューを確認して、問題が無いかチェックしてから決めると良いです。また宅配サービスは量や日数が選べるため、ライフスタイルやニーズに合わせてまとめて注文する必要があります。腎臓病食はたんぱく質の制限と適度なカロリー摂取、塩分制限の3つを重視して作られています。機能低下により老廃物の排出が難しくなった腎臓をサポートするため、栄養素の摂取は必要最低限となっています。食事療法で一定の効果が見られなかった場合は治療を変える必要があるため、担当医師に相談します。腎臓は放置すると大病に繋がる可能性もあるので、なるべく早く相談すると良いです。